京都市山科区の矯正歯科なら西田矯正歯科へ
HOME>治療費

治療費

治療費について
明確な料金システムを確立しております。

患者さまに「費用が分かりやすいので安心」というお声をいただいております。
当院では下の表に基づいて算定いたしますので、患者さまごとに大幅に料金が変わることはありません。 また矯正費用の分割もご利用いただけます。 (分割の場合も金利、手数料は一切掛かりません。) 初診のお時間は約30分程度かかりますので、事前にお電話でご予約下さい。


診療項目 A費用
(成長期のお子さんの
長期にわたる II 期治療)
B費用
(成長の終了した方の
短期間の I 期治療)
相談料(初診料)※1 1,050円
資料作成、診断費(検査診断費)※2 60,900円
一般的な矯正費用※3 ※4 483,000~714,000円  619,500~924,000円
舌側矯正費用※5 - 1,071,000~1,281,000円
限局矯正、一部分矯正(MTM)※6  262,500円~ -
一般的な調節費(再診料)※7 2,000~5,000円 矯正費用に含まれます。
舌側矯正調節費(再診料)※7 - 矯正費用に含まれます。
保定費※8 31,500円 矯正費用に含まれます。


※1相談料(初診料)1,050円
お口の中を拝見し、治療方法、時期、期間、装置の種類など概略をご説明いたします。 お時間は約30分程度かかりますので、事前にお電話でご予約下さい。 お二人目、2回目以降のご相談は無料です。
※2資料作成、診断費(検査診断費)60,900円
レントゲン検査、顎機能検査、顏貌写真、口腔内検査等をお採りして診断を行い、治療計画を作製いたします。
※3一般的な矯正費用 A費用 483,000~714,000円 B費用 619,500~924,000円
矯正歯科治療の基本技術料です。費用の差は難易度に応じて設定してあります。 また、口腔内に付加的に装着する装置の度合いにより変化します。 診断の時点で、治療費用の範囲内で内容をご提示します。
※4一般的な矯正費用 A費用 483,000~714,000円 B費用 619,500~924,000円
歯の表面(外側)につける装置は基本的に審美性のある透明の器具(セラミックブラケット)を使用しております。 さらに進化した装置(デーモンシステム)の選択も可能です。
※5舌側矯正費用 1,071,000~1,281,000円(舌側矯正はB費用のみ)
舌側矯正(リンガル矯正)は上顎のみ裏側で、下顎は表側か、上下とも裏側かで治療費が異なります。
※6限局矯正、一部分矯正(MTM) 262,500円~(限局矯正、一部分矯正はA費用のみ)
限局矯正、一部分矯正(MTM)は治療対象が前歯部、もしくは臼歯部のみに限定した治療です。 可能な症状のみに適用できます。
※7一般的な調節費(再診料) A費用 2,000~5,000円 B費用 矯正費用に含まれます。
おおよそ一ケ月ごとの来院時にかかる費用です。 また歯科衛生士による定期的な口腔内清掃の費用も含まれております。
※8保定費 A費用 31,500円 B費用 矯正費用に含まれます。
矯正治療によって動かされた歯は、もとの位置に戻ろうとする傾向があります。 これを後戻りとよび、保定はこの後戻りや再発の予防に必要な装置で、歯の表面、裏側の装置を撤去した後に装着していただきます。 新しい正しい噛み合わせに頬、舌、歯根膜、歯肉繊維が馴染むまで装着していただくための装置です。
※費用はすべて消費税込みの料金です。
※矯正費用は分割も可能です。 また分割の場合も金利、手数料は掛かりません。
保険が適用される治療について
保険が適用される治療について 一般的な矯正歯科治療に関しては、保険が適用されません。 全額が自費扱いになります。 ただ、発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合などは医療費控除をうけることが出来ます。
しかし、容貌を美化するための費用は医療費控除の対象にはなりません。 保険が適用されるのは、唇顎口蓋裂、顎変形症、第一・第二鰓弓症候群、鎖骨頭蓋異骨症、Crouzon症候群、Treacher-Collins症候群、Pierre Robin症候群、Down症候群、Russell-Silver症候群、Turner症候群、Beckwith-Wiedemann症候群、尖頭合指症(Apert症候群)に起因した咬合異常の矯正歯科治療です。
さらに唇顎口蓋裂は、育成医療・更生医療の対象疾患で、保険診療の自己負担の全額、一部が補助される制度もあります。
詳しくは当院にお尋ねください。 (緑色の疾患は平成16年4月1日から追加されました)
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。