京都市山科区の矯正歯科なら西田矯正歯科へ
HOME>こどもの治療

こどもの治療

こどもの矯正歯科
お子様の歯の矯正治療は、受ける時期によって顔つきの成長バランスを整え、歯を抜かずに矯正することができます。
大人になってからでも矯正治療をすることはできますが、お子様のうちに開始することのメリットは大きくなります。小児矯正はどの時期で受けたら良いのか、本当に治療が必要なのかなどの診断がとても大切です。
歯並びやお子様の状態によって時期は異なってくるため、そのお子様に合わせた最適な時期をアドバイスさせていただきます。
お子さまの歯並びで何かお気づきの点がございましたらまずはご相談ください。
こどもの矯正では何をするの?
小児矯正の目的は、まずはデコボコな歯、すきっ歯等の歯並びを整えます。その後に生えてくる犬歯、小臼歯のスペースを十分に確保するためでもあります。また、奥歯・前歯を整った歯並びにし、上あご・下あごのバランスを整え、正しい顎の成長を促したりもします。
治療の内容にもよりますが、治療にかかる期間はおおよそ1年~1年半ほど要します。お子様の歯並びに関するご不明点や素朴な疑問でも構いません。なんでもご相談ください。
こどもの矯正歯科のメリット


永久歯が出てくるスペースが十分でない場合には、奥歯を奥へと移動させたり、顎の横や前へと成長を促すことによって、十分なスペースを確保することができます。
早めに診てもらうことで、成人になっても抜歯の必要がない矯正治療を受けられる可能性が非常に高くなります。



正しい発育を妨害するような歯並び・癖を改善することが大切です。そうすることで、顎・顔の成長バランスは整っていきます。何もせずに放置してしまって顎の関節に痛みが出てきたり、外科的手術を必要とするケースを避けることができます。



悪い癖(舌癖や指しゃぶり)は、歯並びや発音などに大きく影響を及ぼしてしまいます。
これらを早期に改善することと、お口周辺の筋肉や舌のトレーニングを行うことで、正しい筋肉の動きの習得を促します。



顎の成長を上手くコントロールを行い、本来生えてくるべき場所でしっかり生えるように促すことで、成人になってからの本格矯正にかかる治療期間が短縮できたり、治療を行う必要がなくなったりする場合があります。
悪い歯並び、悪いクセ


叢生(そうせい)と呼ばれる状態は、正しい場所に歯が生えずに重なって生えている状態のことをいいます。叢生のほかにも、乱杭歯とも呼ばれます。



上下の歯のうち、上の前歯が下の前歯よりも4mm以上前に出てしまっている状態のことです。この状態だと、歯周病になりやすくなる、発音が悪くなってしまったりするなどのリスクがありますが、なにより見た目が非常によくありません。



下顎前突は下の前歯の方が前に出てしまっている状態のことをいいます。上顎前突と同様に上手に噛むことができなかったり、発音が悪くなる、見た目が悪いなどがあげられます。



前歯がかみ合っていない状態のため、食べ物を前歯で噛み切ることができません。そのほかに発音が悪くなってしまったり、見た目に問題が出てきます。


受け口の状態では、下あごが前に突出してしまっており、かみ合わせが逆になっている状態です。開咬と同様に前歯で食物を噛み切ることができません。



指しゃぶりや爪を噛む癖が長い間続いてしまうことで、出っ歯や開校などの原因となってしまいます。4歳までにこの習癖を改善させなければ、成長とともに歯並びに悪い影響がでてきてしまい、これが原因で発音が悪くなってしまったり、舌を前に出す癖が身についてしまったりします。
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。